花風レポート

花の風まつりの様子や那珂川町の出来事などをご報告します。

記事一覧

JOZO Cafe雪月花

アップロードファイル 13-1.jpg
SHOZO Cafeといえば那須高原ですが、こちらは同じ那須でも八溝山麓の天然醸造「はるこま屋」さんのギャラリー&カフェ「雪月花」。
広重美術館の館内にあるカフェです。

アップロードファイル 13-2.jpg
八溝そばをメインにしたメニューですが、ちょっと珍しい飲み物も。

将軍珈琲
十五代将軍、徳川慶喜公が飲んだとされる珈琲をそのひ孫にあたる徳川慶朝氏が史実に基づき再現したものです。

  • 2012年04月30日(月)20時14分

手作りとうふ「うのはな食堂」

アップロードファイル 12-1.jpg
食堂といっても、普段はどちらかと言えば手作りの豆腐や湯葉なんかを買って帰る人が多いようです。

アップロードファイル 12-2.jpg
奥の食堂は座敷席もあって、20~30人ぐらいが座れるスペース。

アップロードファイル 12-3.jpg
手書きのメニューから「ゆば天丼」を注文。
タケノコの煮つけがサービスで付いてきました。
表面がこんがり揚がったゆばも美味しかったけど、豆腐もしっかりした大豆の味が口に広がりました。

連休で帰省中らしきカップルが、豆腐を買ったおまけに付いて来たオカラに感激してました。
お客さんの喜びぶりに驚きながらも、味付けのコツなど伝授するお店のおばさん。

「オカラであんなに喜んでもらえるだ。こっちの方こそありがたいね。」
その後の店員さんたちの会話。

  • 2012年04月29日(日)16時42分

ほほえみ仏開眼法要

アップロードファイル 11-1.jpg

本日(4/29)、11時30分から「ほほえみ仏開眼法要」が乾徳寺の参道で執り行われました。

アップロードファイル 11-2.jpg
夏のような陽射しのもと、集まった多くの人たちに、高さ二メートルのサワラの切り株に彫られた彫刻が披露されました。

アップロードファイル 11-3.jpg

  • 2012年04月29日(日)13時26分

花の風まつり初日-広重美術館界隈

緑の芽吹きが例年より早い山並みを背景にした広重美術館の駐車場には多くの車が停まっていました。
アップロードファイル 10-1.jpg
広重美術館では「広重と東海道展 ―行書東海道・隷書東海道を中心に―」を開催中。
館内では同時に「大山田の人達と仲間達展」が催されています。
レストラン雪月花では「栃木アートクラフトの展示」と「発酵食品で八溝そばを味わう料理」を提供中。
隣接する那珂川町郷土資料館では「文化財被害と復旧の一年」と題するパネル展示が行われています。

美術館の庭を抜けて乾徳寺の参道に出ると那珂川町商工会の人達が焼そばやアイスクリームをテント販売しています。
アップロードファイル 10-2.jpg

今日は震災1年を記して岡倉石朋さんが立木に彫った仏彫「ほほえみ仏」の開眼法要が行われるということで、イベント初日から多くの人が集まっています。
アップロードファイル 10-3.jpg

下野新聞記事
復興と鎮魂の立木観音 彫刻家岡倉さん制作

  • 2012年04月29日(日)12時44分

「季の風」  地図番号51

アップロードファイル 9-1.jpg

花の風まつり参加イベント紹介です。

「季の風」  地図番号51
オリジナル洋服、手づくり小物、陶器、バック、アクセサリー、その他 
5/3~5/5 10:00~16:30

以前のレポートがわかりやすいです。
http://ludens.in/hana-kaze/blog09/archives/24.html

  • 2012年04月24日(火)00時33分

「ほほえみ立木観音と百体のほとけ様たち」

アップロードファイル 8-1.jpg

那珂川町乾徳寺で昨年伐採された樹齢330年のサワラの樹の切り株に、町内の彫師・岡倉石朋さんが震災供養と復興を願って「ほほえみ立木観音と百体のほとけ様たち」を彫りました。
4月29日(日) 11時30分より開眼法要が行われます。
どうぞご参加下さい。

  • 2012年04月22日(日)23時30分

森のベンチ (花の風まつり 地図番号49)

アップロードファイル 7-1.jpg

那珂川町に移住された、芳賀さんのご自宅で、リュート演奏と朗読があります。

5月3日は那珂川町の谷川へGO!

4月30日は旧谷川小でも参加しています。

  • 2012年04月21日(土)23時53分
Web Diary