花風レポート

花の風まつりの様子や那珂川町の出来事などをご報告します。

記事一覧

小砂焼 春の陶器市


小砂焼 第16回 春の陶器市
陶芸体験もどうぞ!
藤田製陶所入り口
5月4日~5日 9:00~16:00
小砂焼陶芸の里体験センター組合

陶遊館
 旬の煮物サービス
小砂焼体験センター
 ろくろ体験 手び練り 絵付け

アップロードファイル 20-1.jpg
昨日の激しい雨もおさまって、午後には陽射しが暑いぐらいの天気になりました。

小砂陶器市の会場では、例年のようにカフェテラス、鮎の塩焼き、餅つき、それからご近所の「三浦さん家の朝取りイチゴ」を使ったイチゴジュースを子ども達が販売しています。

アップロードファイル 20-2.jpg
展示販売されている製品は、値札を見ると普段より安いような気がします。
中には「ワケあり品」も混じっていて激安で売られていました。思わず触手が動きます。
明日は早めに出かけて物欲を満たそうと思います。

  • 2012年05月04日(金)20時27分

新緑の里山へおいでませ

アップロードファイル 19-1.jpg


新緑の里山へおいでませ
木工・陶 他のクラフト展示販売
自家製大垣カレー
さかっぱた農園のケーキ・クッキー

4月29日~5月5日 11:00~16:00


大きな地図で見る

本格的な雨模様でしたが、たっぷりと水分を含んだ新緑の樹々がかえって明るさを感じさせてくれます。

アップロードファイル 19-2.jpg
宇都宮市出身のクラフト作家大垣昌昭さんと、京都市出身の陶芸家やまざきのぞむさんのカップル。
雑木林の中に自分たちで家を建てて(!)仕事をされています。

アップロードファイル 19-3.jpg
たずねてくる人達は、皆さんそろって「カレーある?」と尋ねます。
大垣さんが作る「大垣カレー」は毎年人気で、去年は途中で品切れになってしまったそうです。
「なので、今年は多めに作ったんだけど、この天気じゃどうなるかなあ。」

天気とはケンカできない。 by 大垣

京都から出品している作品の中に気に入ったガラスの小物がありました。これに野草を一輪挿して窓辺にぶら下げておきたい。
悩んだ末にやまざきのぞむさんの湯呑を買いました。

帰り道、大子町から家族で遊びに来られた方とすれ違いました。
この雨の中をありがたいです。

  • 2012年05月04日(金)11時16分

ステンドグラス ワークショップ

あいにくの天気ですが、今日から3日間那珂川町のあちこちでイベントが目白押しです。

大山田ノンフェール・くらねぇ
ステンドグラス ワークショップ
5月4日 11:00~15:00
*若干の材料費が必要です。


アップロードファイル 18-1.jpg
埼玉県在住の作家野口均さんの指導のもと、作品作りに熱中する皆さん。

中段の写真はゴッホの原画をもとにジュマイユ作品を制作している様子。
ジュマイユとは、色ガラスを重ねて色彩を作り出して絵を仕上げていく制作手法。透過光が非常に美しい。

アップロードファイル 18-2.jpg
制作途中の作品。
那珂川町の町鳥「うぐいす」と町花「かたくり」、それから鮎を配置しています。


大きな地図で見る

  • 2012年05月03日(木)11時12分

森においでよ。 もうひとつの美術館

森においでよ。2
~なかがわまちアートフォレスタ2011から~
2012年2月25日(土)~5月27日(日)
もうひとつの美術館
http://www.mobmuseum.org/


アップロードファイル 17-1.jpg
アップロードファイル 17-2.jpg

昨年、栃木県那珂川町の17ヶ所を会場にして行われた「なかがわまちアートフォレスタ2011」の展示作品から評価の高かった作品たちが展示されています。

アップロードファイル 17-3.jpg
展示会場は作品の劣化を防ぐためにすだれで外光を調整していて、柔らかな光が古い木造校舎の息づきのように感じられます。
会場に入ると長く延びる廊下の陰影に対比して、那須町在住のアーティスト内倉ひとみさんの幻想的な作品が眼に飛び込んできます。

内倉ひとみのブログ

一番奥の展示室には5月3日に行われるワークショップ「糸で遊ぼ!」の齋藤千明さんのインスタレーション作品が展示されています。


齋藤千明「糸で遊ぼ!」ワークショップ
5月3日
13:30~15:30(予定)
参加 600円

  • 2012年05月02日(水)15時40分

たけのこ祭り 初日

今日からいよいよ静神社の例大祭「たけのこ祭り」が始まります。

アップロードファイル 16-1.jpg
今年の担当は新町。
詰所には浴衣を着た若衆が準備に追われていました。
この期間は同時に広重美術館の開館をきっかけにはじまった「広重春まつり」も開催されます。町の商店街も、店舗のいっかくを利用してそれぞれが工芸品や美術品などを展示して祭りを盛り上げています。
上記の写真は「染付の器展」のタカサゴヤ。
今回の参加はないですが4月30日に開店したスーパー「ますや本店」。全国の商店街と同様に衰退の一途をたどる街並みが賑わいを取り戻すきっかけにと周囲も期待を寄せていて、とくに近所に住む高齢者の方たちは、これで買い物が便利になると喜んでいます。


アップロードファイル 16-2.jpg
室町商店街金子商店の「味噌蔵ギャラリー」
95歳になる先代が描く油絵が展示されています。
93歳のおばあさんを囲んでひとしきり話に花が咲いていました。


静神社春の例大祭「たけのこ祭り」

5月1日
16:00~17:00 御出社 静神社から新町御仮舎

5月3日 余興庭劇
10:30 磯節保存会 御仮舎前
11:30 磯節保存会・鷲子囃子保存会 田町会場
12:30 磯節保存会 南町会所前
14:00 磯節保存会 新町上
16:00~18:00 御仮舎から町内行列の後御帰社
       金棒引き(稚児行列)
19:30 磯節保存会 役場前広場
20:00~22:00 屋台の町内巡行

  • 2012年05月01日(火)11時02分

旧谷川小に集まれ! 2

アップロードファイル 15-1.jpg
旧谷川小学校の2階の廊下には地元の中学生から高齢者まで、様々な世代の「隠れ芸術家」たちの作品が展示されています。

アップロードファイル 15-2.jpg
新緑の中にまだ山桜が咲き残る里山の景色が一望できる音楽室では、教職を終えて東京から移り住んで来られた芳賀さんご夫妻のリュートの演奏と朗読「リュートとお話―はないっぱいになぁれ」。

那珂川町のすばらしさにひかれて移住しました。みなさん、よろしくお願いします!
花の風まつりの参加も五回目になります。
リュートという、ヨーロッパの古い楽器の調べと、それに乗せた「童話語り」をお聴きください。


芳賀さんご夫妻の催しは、5月3日(木)にも谷川のご自宅で行われます。

「森のベンチ」でおはぎとお茶を用意してお待ちしています。10時と3時にはリュート演奏と「花咲き山」の朗読もあります。



大きな地図で見る

小川リコーダー愛好会による「リコーダーの楽しみ」

それぞれの技能は、それほど高くはありませんが、バロックからポップス、アニメソングの編曲ものまで、幅広く選曲してレパートリーを広げています。入会はどなたでもOK.初めての方も大歓迎です。


アミーゴス・デ・モリヤの「フォルクローレ演奏」は、旧谷川小学校の校長で、現在は馬頭小学校の校長先生を務める大金典夫先生を中心としたバンド。先生っていう職業はエンターティナーだなと改めて思う演奏をおしゃべりでした。


日本のフォルクローレのメッカと言えば、福島県の川俣町なんです。ご存知のように川俣町は去年の東日本大震災で被災しました。
去年の「旧谷川小に集まれ!」で募った募金は、川俣町に寄付させていただきました。ありがとうございました。

福島民友
“復興の音色”全国へ 「コスキン・エン・ハポン」開幕

  • 2012年05月01日(火)08時46分

旧谷川小に集まれ! 1

一昨年の春に廃校になった旧谷川小学校。昨年から小規模多機能ホーム・グループホーム「えにし苑」となって再利用されています。

アップロードファイル 14-1.jpg
旧校舎の1階は介護施設として、2階は地域交流の場として整備されています。
今回は花の風まつりのために2階を解放してくださいました。

アップロードファイル 14-2.jpg
子ども駄菓子屋【谷川店】の様子。
「いらっしゃいませ!こんにちは!」微妙にコンビニ方式が取り入れられた子どもたちの大きな呼び込みの声に大人たちも引き込まれます。

  • 2012年05月01日(火)08時12分
Web Diary