花風レポート

花の風まつりの様子や那珂川町の出来事などをご報告します。

記事一覧

たけのこ祭り 道の駅ばとう

江戸時代に始まる祭り
静神社例大祭
たけのこ祭り

5月1日 16:00~ 御出社
5月3日 13:30~ 神輿巡行
    16:00~ 御帰社

今日から静神社の例大祭「たけのこ祭り」が始まります。
昨夜の大雨から天気も回復して、午前中は当番の南町若衆の皆さんが準備に追われていました。
アップロードファイル 41-1.jpg

先日火災にみまわれた「道の駅ばとう」は建物の解体工事が進んでいます。
隣接する「那珂川町観光センター」前では、早くも仮説テントの農産物直売所が開かれ、地元の方や観光客の皆さんが品物を物色していました。
アップロードファイル 41-2.jpg

野菜直売、仮設テントで5月1日再開 那須烏山でも募金活動 道の駅ばとう施設全焼
那珂川町北向田の道の駅ばとう内の施設「馬頭むらおこしセンター」が全焼した火災で、同センターと直売所組合は28日、火災で販売できない野菜直売所を5月1日午前8時から仮設テントで再開することを両者の話し合いで決めた。被災した施設の撤去も29日から始まる予定で、町の観光拠点となる道の駅の復旧が本格化する。本多勝美社長は「生産農家らの強い要望で野菜直売所を再開する。これまで通り町の新鮮野菜を提供したい」と話している。(下野新聞 4月29日朝刊より一部抜粋)

  • 2014年05月01日(木)19時15分

御前岩物産センター

岩姫まいり
春の天ざるとフグそば
春の山菜と温泉とらふぐの新食感

4月27日~5月11日 9:00~16:00

御前岩物産センター
大山田下郷2766

那珂川町大山田の「御前岩物産センター」。
数々ある地元のそば処のひとつで、評判の手打ちそばの他にもオリジナルコロッケが人気です。

アップロードファイル 40-1.jpg

話題の「温泉トラフグ」のゼラチン質をのせたフグそばを注文して、ミネラルとコラーゲンを摂取。

座敷席からは八溝山から那珂川に流れ込む武茂川の清流が間近に眺められます。

アップロードファイル 40-2.jpg
アップロードファイル 40-3.jpg
ちょっと京都鞍馬の川床に似た雰囲気。

  • 2014年05月01日(木)10時03分

馬頭郷土資料館 花風弁当「きはなランチ」

アップロードファイル 39-1.jpg

馬頭広重美術館の隣にある馬頭郷土資料館では特別展「灯りとくらし」開催中。
江戸時代の行燈から燭台やガス灯まで、この地域で使われていたさまざまな灯りの展示を見て、那珂川町久那瀬の「花風弁当 きはなランチ」へ。

アップロードファイル 39-2.jpg
小さな町のイベントに年々増える来場者。あらたな課題となっているのが、お客さんの食事です。
せっかく町に来てくださっているのに、食事に長い待ち時間がかかるのはおもてなしをする町民としても心苦しい。
そこで登場したのが「花風弁当 きはなランチ」です。
お弁当は500円と600円の2種類。他に大豆を材料にしたヘルシーコロッケ。
大豆ミートのコロッケは試食ありです!

アップロードファイル 39-3.jpg
600円の「花風弁当」を買い、試食の大豆ミートコロッケをいただいて、乾徳寺の裏山に位置する「すくすくの森」へ。

日に日に鮮やかさを増す森の緑のグラデーションを眺めながら弁当を食べていると、犬を散歩させている家族連れに声をかけられました。
「弁当くってるんかい。おれらは犬の散歩だわ。」
すくすくの森は町が一帯の山を遊歩道にしたところですが、聞けばかつてこの辺りの山を所有していた方だそうです。
一部を町に提供して、残った山は梅林にしているとのこと。
「いい眺めだよなぁ、金使って遠くに出掛けなくても、ここでのんびり山を眺めてれば充分だっぺよ。」
あいにく今日は薄曇りで日光や那須連山は見えませんが、天気のいい日には富士山まで見える自然のパノラマ展望台です。

「さて、ジジババ採りに行くか。」
「なんすか、それ。」
「盆栽にすんだ。」
観賞用になる「ジジババ」という植物があるようです。遠くから「ジジー。早くぅ、行くよぉ。」と呼ぶ家族の声が聞こえます。
急かされながら、ジジはジジババ採りに・・・。

  • 2014年04月29日(火)21時13分

乾徳寺

乾徳寺山門前のほほえみ立木観音で、恒例となった「東日本大震災追悼会」が執り行われました。
アップロードファイル 38-1.jpg

その後、境内で岩手県出身の方が「鬼剣舞」の披露。
名物の白藤は昨年に続いて開花が早いようで、すでに7分咲きぐらい?
藤の花の甘い香りと、「こんぺいと」さんの出店のおいしそうな匂いが漂っています。
アップロードファイル 38-2.jpg

明日以降の乾徳寺の催しは、
4/29~5/6「ほほえみのほとけ展」岡倉石朋
4/29~5/5「野の花押し花展」荒井昌子
4/29~5/5「魅せられて―白鳥」和地武夫写真展
4/29~5/5「癒しのお店香り小物」菊屋
5/3~5/5 「竹炭作品展示」那珂川流域悠遊会
5/3~5/5 「わたあめ・かき氷・ヨーヨー他」こんぺいと
5/3   「ラブバラードコンサート 煌」
5/4   「花咲く春 おかくらゆかりコンサート」

  • 2014年04月29日(火)20時16分

イベント初日の那珂川町観光センター

いよいよ、12年目の花の風まつりが始まりました。

那珂川町観光センターの様子。
入り口では天生目優さんの「野の花盆栽豆鉢展と苔玉作り体験」が行われていました。
アップロードファイル 37-1.jpg
「野の花盆栽豆鉢展と苔玉作り体験」は、小砂の「市川窯」(地図[30])でも行われます。

隣接する「道の駅ばとう」はつい先日、火事で営業を中止していますが、観光センターでは人気のジェラートをたくさんの人が買い求めていました。
アップロードファイル 37-2.jpg

ゴールデンウィークを直前に控えての「道の駅ばとう」の突然のアクシデントは正直ショックでしたが、はやくも再建に向けて動き出しています。
この迅速な対応は見事。

  • 2014年04月29日(火)19時35分

なかよしカフェ

鳥のさえずりが響く閑静な住宅街のいっかくに花の風まつりの期間だけ出現する「なかよしカフェ」。
手作り菓子・ミニ動物園・ハーブ苗販売。ヤマメやマスの塩焼きはご主人が自ら釣ったもの。

2013年の「なかよしカフェ」は5月5日で終了しました。

  • 2013年05月05日(日)18時11分

ラ・すぎうら

猫がお出迎え!いやしの小さなお店「ラ・すぎうら」

洋服・トールペイント・フラワーアレンジ・陶器市(5月3~5日)

4月29日~5月6日 10:00~18:00

洋服・アクセサリー・小物・雑貨に加えて、トールペイントやフラワーアレンジメントの指導も行う多種多彩なお店です。

  • 2013年05月05日(日)17時15分
Web Diary