花風レポート

花の風まつりの様子や那珂川町の出来事などをご報告します。

記事一覧

ちいさなログハウスカフェ 谷田便利軒

ギターライブあります
ちいさなログハウスカフェ 谷田便利軒

那珂川町谷田877-1

4月29日~5月5日 11:00~20:00

*花の風まつり限定ワンプレートランチは終了しました。


長泉寺から農道のような細い道をすこし北上して、去年の春に開店したカフェレストラン「谷田便利軒」へ。
店内から一望できる水田の眺めを期待したんですが、数日タイミングが早かったか。
水が張られた田んぼが水鏡のように低い山並みと空を映し出すんですよね。
そして夏には緑の海原に・・・。
アップロードファイル 55-1.jpg

ここでは時々ギターライブも行われます。
壁にはギター教室の案内も。

次の目的地、那珂川町谷川の「リュート演奏と絵本朗読」へのお土産に手づくりの動物クッキーを買いました。

【那珂良しラジオ】谷田便利軒

  • 2014年05月06日(火)11時22分

花の寺 長泉寺

ぼたんを観ながら甘茶をどうぞ
水彩画・油絵・草絵展示

4月29日~5月5日 9:00~17:00

オカリナ演奏会
5月5日 10:00~14:00

長泉寺
那珂川町白久777

*長泉寺の2014年のイベントは5月5日で終了しました。


駐車場に車を止め、さりげない心遣いが添えられたくぐり戸を抜けて少し歩くと、ここで皆さんハッと足をとめます。
目の前一面にピンクの絨毯。
一瞬この花びらが敷き詰められたピンクの通路を踏んでいくのをためらって周囲を見ると、いたるところに花が咲き乱れていることに気付きます。
アップロードファイル 54-1.jpg

咲き乱れるというよりも、馬頭の乾徳寺とは縁戚関係にあるというご住職夫妻の日頃の丹精がいっせいに花開いたという感じかな。

「これはアレだわ。フラワーパークまで行かなくてもここでよかったわ。」
ゴールデンウィーク前半に足利フラワーパークに行ってきたらしい老夫婦が、感嘆の声を漏らしていました。
以前、花の風まつりの打ち合わせの際、各参加者の催しに対して乾徳寺の堀江真澄住職が「自己表現」という言葉を使ったことがありますが、境内からあふれるほどの牡丹の花をはじめ、そこここで花を咲かせる草花から、ご住職の意匠が伝わってきます。

アップロードファイル 54-2.jpg
本堂では、地元のアマチュア画家たちの絵画展。
絵に囲まれるようにして、昨年廃校になった小川南小学校で校長先生を務められていた水井保廣先生がオカリナ演奏会を開いていました。

  • 2014年05月06日(火)10時28分

水戸黄門ゆかりの寺 馬頭院

心静かに写経を
お子様もどうぞ
*道具有り・無料

5月1日~5月5日 10:00~16:00

竹あかり

5月3日~5月4日 18:00~19:30

ステンドグラス ワークショップ
カードホルダー作りなど
NPO法人大山田ノンフェール・くらねぇ

5月4日 10:00~15:00

馬頭観世音 馬頭院

那珂川町馬頭188

水戸黄門が植えたと伝えられる樹齢約320年のしだれ栗が瑞々しい新緑の葉を茂らせる馬頭院境内。
子どものころ、一昨年亡くなられた先代の高野雅文住職にオバケ話で脅かされたものです。お坊さんが子どもにオバケの話をするのは、リアル感があり過ぎてズルイと思う。
アップロードファイル 53-1.jpg

風神像(?)が見守る本堂で、例年写経の時間がもうけられています。
小学生でもできる短い経文から、本格的なものまでいくつもの種類が用意されていました。
なかには、あっという間に書き上げてハイレベルな経文をもらいに行く中学生もいました。

アップロードファイル 53-2.jpg
本堂のいっかくに江戸時代に描かれた「馬頭宿全図」という大判の古地図があります。
現在とほとんど変わらない町名と、武茂川に沿うように東西にまっすぐ延びる道。現在の馬頭商店街とまったく変わらない構図。

今年の花の風まつりのパンフレットに、商店街に住む方のコメントが載っています。

~ここの商店街はずーーっと真っ直ぐになっててね。
季節によってはその道の真ん中に夕日が沈むんだわ。
それも面白いでしょ。
(馬頭南町・Aさん)


一年のうちのある短い期間だけ、直線状に延びた商店街のむこうに、まっすぐ沈んて行く大きな夕日。
「いや~、まっぶしいんだよ。目も開けてらんないんだから。」と言って苦笑いする人もいます。

古地図を手掛かりに時間の地層を掘り起こせば、これが描かれた江戸時代、道のむこうに落ちていくまぶしいほどの大きな夕日を、やはり同じように目をしかめて見ていた人たちの姿が浮かびあがってきます。

毎年この期間だけ出現する「SunSet Cafe 」なんかやってみたいものだ。
日が落ちてからは野外映画とか・・・。

  • 2014年05月04日(日)20時49分

なかよしカフェ

アップロードファイル 52-1.jpgアップロードファイル 52-2.jpgアップロードファイル 52-3.jpg

初日、無事終了。
「なかよしカフェ」では 珈琲or紅茶をご注文いただいた皆様に手づくりケーキをサービスしています( ´ ▽ ` )ノ◻︎~~

ケーキは地元野菜にこだわった ほうれん草のケーキ・柚子のチーズケーキ・カボチャのケーキ。
また、地元でとれたイチゴを使用した自家製ジュースもご用意させていただきました。

カフェの窓からは田んぼが望め、カエルの合唱がBGMのように…

明日は「なかよしカフェ」最終日。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております\(^o^)/

  • 2014年05月03日(土)23時01分

新緑の里山へおいでませ

新緑の里山へおいでませ
木の器・陶他のクラフト展示販売

4月29日~5月5日 11:00~16:00

大垣昌昭・やまさきのぞむ
那珂川町小砂3718-1

あまりに暑いのでどこか涼しい場所に行きたいと思った。
それならここかな。

那須郡とはいえ、緯度的には那珂川町は栃木県のほぼ真ん中に位置します。
ダルマのような形をした栃木県の西の端が日光、反対の東の端が那珂川町です。
標高は那珂川町小川や馬頭の市街地でだいたい160m近辺。このあたりでもせいぜい250mぐらいでしょうか。
それでも涼しく感じられるのは、広葉樹がつくる木陰と、雑木林を抜けてくる風のせいかな。
アップロードファイル 51-1.jpg

会場がある小砂地域は、「日本でもっとも美しい村」の登録に加えて、昨年に引き続き小砂環境芸術祭「KEA2014」が開催されていて、例年に増して流入人口がおおいと思います。
そんななかでも大垣昌昭さんとやまさきのぞむさんは、マイペースで自分たちの作品を披露しています。

アップロードファイル 51-2.jpg
今年の新趣向は、大垣さんがここ数年ハマっているというアコースティックギターの演奏披露をきっかけに企画された小砂音楽発表会、名付けて「こいおん」。

こいおん 小砂音楽発表会Vol.1

5月5日 15:30ごろ~

出演
ハーモリー
デラックスケーキ
またのゆ
風のハーモニー

  • 2014年05月03日(土)21時32分

あったらもんだ

あったらもんだ
ゆっくりとお茶をどうぞ
「守子石」「おいしい湧水」「町で一番古い道標」あります。

4月29日~5月5日 9:00~16:00

那珂川町大内3167
星美佐雄

「なかよしカフェ」の前のT字路を馬頭方向に向かって進み、「あったらもんだ」の会場へ。
途中、この道でいいのかちょっと不安になりつつ、先に進むと視界が開けてたくさんの車と会場が見えてきました。
河川に沿って開けた水田に水が張られて、清々しい風景が広がります。

アップロードファイル 50-1.jpg
「あったらもんだ」は栃木便でもったいないという意味(さっき知った)。
お昼を少し過ぎた時刻ですが、こちらの会場はすでに飲み会状態。話に花が咲きまくって、もう満開です。

アップロードファイル 50-2.jpg
アイソ(ウグイ)の炭火焼き、バーベキュー、土地の食材が盛りだくさん。
家が近いとビールが飲めていいですよね。
お茶をいただいて酒盛りの気分だけ味わいました。

  • 2014年05月03日(土)20時51分

なかよしカフェ

なかよしカフェ
手づくり菓子販売・カフェ・フリーマーケット

5月3日~4日 10:00~17:00

那珂川町大内2421
益子美由紀

鷲子山上神社から山道を大那地方面に向かって那珂川町大内の「なかよしカフェ」に。
去年までは馬頭中学校に近い住宅街を会場にしていましたが、今年は会場を大内に移して開催。

アップロードファイル 49-1.jpg
入り口に段ボールにイチゴがたくさん。
パックに詰め放題で100円だそうです。
そしてその横ではなんか一匹の大きな魚が七輪で焼かれています。
「あれ、この魚なんですか?」
「イワナ。ついさっきそこの川で釣ったんですよ。」
しかしでかい。これがいわゆる尺イワナか!
と思ったら1尺は30cmでそれには若干及ばず。25~27cmってところでしょうか。

そういえばすぐそばを流れる大内川は「ヤマメの里」として名が通っているのでした。
アップロードファイル 49-2.jpg

それにしても、なかよしカフェの手づくりお菓子は毎年毎年、じつに美味そうです。というか美味いです。
手づくりの空間で主催者も遊びに来るひとも、みんな楽しそう。
遊び方を心得ているという感じですね。
アップロードファイル 49-3.jpg

  • 2014年05月03日(土)20時00分
Web Diary